自分に合ったプラントの求人の探し方を伝授します

プラントとは、工業設備や生産設備一式のことで、こうしたものを取り扱う仕事をまとめて「プラント」と呼ぶようになってきています。プラントの中には、設計から製造、品質管理・検査、稼動確認、稼働後のメンテナンスなど、様々な工程があり、その種類も様々あります。この全ての工程を一人でこなすことは難しく、それぞれの工程で特化した専門知識と技術を持ったエンジニアが必要になってきます。例えば、お菓子工場と電機設備工場とでは、生産方法や仕組みなどが全く異なります。プラントを作るという仕事であることには変わりありませんが、プラント業界は多種多様で、さらにその業種も様々になってきます。プラントの求人をどのように探すかということは、非常に難しく様々な仕事の中から自分に合ったものを探す必要があります。よく求人情報などを確認していくことが大切なので特徴を捉えていきましょう。

現在のプラント求人とプラントの現状

プラントに関する求人は、今ではそういった職業が分類化されるようになってきたものの、全体的に大手の優良企業などと求人企業が数少なくなっています。そのため、就職活動や転職活動では、入社の難易度が高めになっているのが特徴です。従って、特に転職の際などには、エンジニア転職に特化した転職エージェントを利用することが、早く入社に辿り着くためにオススメです。日本国内においては、プラントの維持や改修などのメンテナンス業務が多く見られます。しかし、景気回復に伴って、プラント設備の増強を行い始めている企業もあるようです。国内では、建築数にも限りがあることも重なり、産業がほぼ最大化しており、現在では海外の受注も注目されています。海外では、アジアや中東などの新興国が主要な取引先になっていますが、現在では、世界情勢との関係が深まり災害のプラン建設プロジェクトができない状況が続いています。

自分に合わせたプラント求人について

プラントを作ったり保全を行ったりするのが、プラントエンジニアという仕事です。その中には、大きく二つの仕事があり、さらにそこから様々な分野に分かれていきます。自分に合わせたプラント求人を見極めていきましょう。まず一つ目は、プラント自体の設計に携わる仕事で、プラント本体や配管、電機設備などがあります。二つ目は、実際に立てたプラントを稼働させた後の仕事で、工程や品質管理、メンテナンスといった内容がメインになってきます。これらの仕事に就くためには、プランドメーカーへ就職するか、設計・施工会社へ就職するかの二つが考えられます。プラントメーカーであれば、コンサルティングのような立場で、どのようなプラントを製造するかなど依頼元のニーズに合わせた設計なども行います。設計・施工会社であれば、実際にプラント作りに携わり、設計から建築、電気、消火設備など様々なものに分かれます。自分の持っているスキルを求人情報に照らし合わせ、選んでいくことが必要になります。

2017年9月28日