初心者向けプラントの求人をまとめました

プラントという言葉を初めて聞いたという方は多いです。このことが示す様にプラントの職種は知名度が低いため、目指す人が少なく人材不足になりやすいです。そのため求人が増加傾向にあり、技術職ですが初心者でも応募するチャンスがあります。そもそもプラントとは工場をまとめて指す言葉で、そのプラントの設備構築や、運転管理、維持をするのがプラントエンジニアです。プラントには石油や発電のような巨大な設備のものがあればLEDなどIT系のものもあり、多くの種類に分かれます。さらにそのプラント内では設計や製造、メンテナンスなど様々な業務があり、それらは全てプラントエンジニアの仕事です。それぞれの業務に専門知識と技術をもったエンジニアが必要なので、プラントエンジニアと一口で言っても、その仕事内容は多岐にわたります。

プラントエンジニアの仕事内容とは

プラント内の機械の設計や製造、稼働管理、検査などのメンテナンスと、プラントエンジニアの仕事は幅広いです。その為、一般的には各工程に複数のエンジニアを配置します。工程によって必要になる専門知識は異なりますが、主に電気系と機械系に分かれます。電気系はプラント稼働の為の送配電や、機械を制御する計装を扱い、機械系は機械そのものを管理します。そういった専門知識に加えて、プラントで生産される製品についての知識も必要なので、非常に専門性の高い技術職です。しかし、プラントの求人には初心者に向けたものも多くあるので安心して下さい。初心者の場合は、機械の運転や管理業務から始まることが多いです。業務をこなす内に専門知識を身につけて、ステップアップも可能なのでとても魅力的な求人です。

初心者がプラントの求人を探す方法

プラントの仕事は範囲が広いので、求人を出している企業が多いです。例えば発電や重工業のプラント設計やLED生産機器の設計、化学プラントの保全業務などが挙げられますが、どれもジャンルが違い専門的なものです。その為に、求人は多くても一般の就職サイトではあまり掲載されません。プラントエンジニアの仕事を探す場合、特に初心者の方はエンジニア専門の就職サイトを利用することをお勧めします。専門サイトにはプラントに関する求人が豊富なだけでなく、就職活動を手助けしてくれるアドバイザーがいることが多いからです。求人探しから面接サポートまでしてくれるので、初めてプラントの業界に飛び込む方には心強い味方になってくれます。プラントエンジニアの仕事は専門的な分、やりがいのある仕事です。メカが好きな方や大きな仕事をこなしたい方には特にお勧めです。

2017年9月28日