プラントの求人を探す上での注意点について教えます

プラント業界とは、製造工場に関わる業界のことを指します。工程の管理については様々な工程があるため、業種も多岐にわたります。そういった工程を管理したり、設備の設計を行ったりするのがプラントエンジニアです。プラント業界のエンジニアとして求人を探す際には注意点が1つあります。それは求人の条件と実際の就労状況が全く違っていたということがないように、事前の情報収集が必要ということです。就職や転職サイトにもプラントエンジニアの求人はたくさん載っています。国内だけではなく海外でも需要が高いので、大企業になるとベトナムやインドネシアなどで事業を展開している場合もあります。転勤の有無、勤務時間、残業の度合い、現場の規模等応募前に確認できることもあるので、こんなはずじゃなかったということにならないように、ポイントを押さえて確認することが必要です。

プラント業界の求人で求められているものとは

現在国内のプラント業界では、人材不足が大きな課題となっています。それも経験値の高い、40代から50代の層が薄いのが現状で、求人活動に躍起になっている企業も少なくありません。バブル崩壊があってから、多くの資金を必要とする大規模なプロジェクトが減少する傾向になり、リストラで給料の高い中年層が切られるという事象がありました。その際に経験の少ない若手がポジションについたことで、それ以降の新人が育たない、後継者がいないという状況に陥っているのです。代替エネルギーやLED等の新しい技術が開発されると、プラント業界は活性化します。開発されるごとにプラントの建設が必要となるので、それに合わせてエンジニアの求人も多くなる可能性があります。現時点で求められているものは、経験値ということになります。

プラント業界の求人を探すポイントは

プラントで働きたい、プラントエンジニアになりたいと思って求人を探し、就職活動をする時に、何をポイントにしたら良いのでしょうか。まず1つ目は口コミサイトでの情報収集です。転職サイト等が運営していることが多いのですが、この口コミサイトは説明会に行くよりも説得力があります。何故なら、実際に応募をした人、働いている人、さらには何かが原因で退職した人の生の声が載っているからです。2つ目は応募先の勤務条件の確認を徹底的に行うことです。ホームページや面接の際に、不安なことや明確になっていないことをハッキリさせておくことです。転勤や海外出張等も多いプラントエンジニアの仕事は、確認をしなかったがために「こんなはずじゃなかった」という意見の多い職業です。以上2点のポイントを押さえて、就職活動を進める必要があります。

2017年9月28日