プラントの求人のメリットについてまとめましたので解説します

毎日の生活のなかで使うものはほぼ製造工場で作られたもので、製造工場にかかわる業界は幅広く、大勢の人たちが働いています。プラントとは建築や土木系で、石油やガスなどのエネルギー資源に関わる採掘設備、ごみ処理などの産業に関わる設備、そしてメーカーの製造工場など、さまざまな規模の設備、工場のことをいいます。職種も工事現場、工場、そして設計やマネジメントにいたるまで幅広く、プラントを設計し、建設にかかわり、維持のためのメンテナンスなどを行うントプラントエンジニアリングであれば、プラントエンジニアリング企業がさまざまな分野で活躍できる人材を探しています。特に経験豊富で、現場で監督として活躍できるクラスの求人も多いです。まだ完全な景気回復していない日本では、現状の設備を維持するための要員として必要なのです。

技術の発展でエンジニアが求められています

プラントエンジニアが手掛けるプラントの種類はいくつかあります。たとえば、火力発電や水力発電、風力発電などの発電所、天然ガスからLPガスを精製して、特殊な気体を精製するなどするガスの精製工場など生活の動力源を精製する化学分野エネルギー系、そして上下水道やごみ処理施設などに関わる環境系プラントもあります。日用品や食品、衣料品などの産業系です。この産業系の求人が最も多く、それは扱う企業が多く、自社ですべてのことを行っていることから人材も必要となるわけです。プラントエンジニアとしての経験があり、電気系や機械系の学校で学んでいて、図面が書けるなどのスキルがあればエントリーしやすいですが、文系出身でも地道にこつこつ業務を遂行できる人であれば受け入れてくれる企業もあります。

どこに視点をあてて探すのかを決めます

プラントエンジニアとしての仕事をしたい場合、建設機械施工技師や機械保全技能士、電気工事施工管理技士などの国家試験や建築CAD検定、日本機械設計工業会が実施している検定などを保持していると企業からの評価が高いですし、優遇されることが多いです。エネルギー系のプラントは国内だけでなく、海外まで日本の企業が手掛けることも多いので、TOEIC検定などで高スコアをもっているとなおいいでしょう。求人を探すときは、ピンポイントで行きたい企業がある場合は、HPや求人サイトで探すのもいいでしょう。石油系のエネルギープラントで地球規模の大きな仕事をしてみたいという方は、海外で働くことができる可能性のある企業を探してみましょう。具体的に勤めたい会社はとりたててないけれど、こういうプロジェクトで働きたい、という具体的な業務内容で探すことも可能です。多くの求人のなかから自分に合ったものを探してください。

2017年9月28日