そもそもプラントの求人とは何かを徹底解説します

生産業界において、プラントとは石油及び化学工場、鉄鋼、薬品、食品製造など大規模な生産設備を有する施設を指します。このプラント工場における仕事は、まずプラント工場の設備や機器装置を製造しプラントそのものの建設業務とプラント工場で生産に携わり製造工程や生産管理、また設備管理に関連する業務があります。ここ数年、企業の設備投資はリーマンショック以降、回復傾向にあるものの、大規模施設であるプラント建設は、国内ではあまり見られません。大企業では、海外に生産拠点を構えるため海外でのプラント建設に力を入れています。このようなプラント工場の状況下、プラントで働く仕事の内容は、とても幅広く人手不足が課題となっています。企業は、常に技術者や生産管理、施工管理等のスペシャリストを必要とした求人を発信しています。

プラントに関わる業務内容と求人の探し方

既存のプラント工場における業務内容は、大きく製造分野で生産ラインの製造や製品の品質検査や保証管理、保全分野は生産設備や機械機器等のメンテナンスや改修等の保守維持業務があり、さらに労働に関わる要員や安全衛生等管理業務が考えられます。それらの業務や工程を少数で維持、管理することは不可能であり、さまざまな分野で豊富な知識と卓越したスキルを保有した技術者や管理者が必要となっています。プラント業務に関する求人を探す場合、やはりインターネット求人検索サイトを有効活用することが望ましいと考えます。技術者の求人は、数多く掲載されています。特に、資格が必要な業務の場合、大変、優遇される求人条件となっており、企業は即戦力の人材を探している傾向があります。また検索サイトにはエンジニア系専門求人サイトが存在しており数多くの業務をチェック出来ます。

プラント工場の求人内容から見る必要な人材

大規模プラント工場にて、最も必要としている人物像をひも解くと製造や設備に関する業務経験値が高く、その分野の専門家として技術が備わった人材と考えます。若年層の育成には一定の時間がかかり、投資が伴います。しかし、完成された人材をキャリア採用で求めることは、効率性の高い人材計画となります。従って、プラント工場に関連した求人は、設計から製造、品質保証、設備や機器の保全など多岐にわたり有りますが、ポイントはプラントで仕事を行うためには、製造工程や設備機器管理等の分野に精通していることが絶対条件となります。また、資格を必要とする業務も多数存在しており、例えば、電気主任技術者やボイラー技士、危険物取扱者等の資格がないと業務に従事することが出来ません。プラント求人は多くあるも、業務条件を満たす人は少なく結果、プラントでは管理者不足が懸念されています。

2017年9月28日